摂津響Saalオーナー紹介

yamaguchimikiko山口美樹子(ピアノ)
仙台市出身。全東北ピアノコンクール第1位文部大臣奨励賞受賞。桐朋学園大学演奏学科卒業後、独ミュンヘン市立芸術大学入学、独ヴュルツブルグ音楽大学マイスター取得卒業。在学中にバイエルンラジオ放送局出演、学内オーケストラとピアノ協奏曲を演奏、ソロリサイタルを開催。帰国後は各地で室内楽演奏会を展開。これまでに、作曲を野田千秋、八島秀、ピアノを庄子みどり、山田富士子、ベネディクト・ケーレン、ペーター・ホルフェルダー、室内楽を木越洋、中嶋俊晴の各氏に師事。2014年高槻市摂津峡に芸術サロン「摂津響Saal」(せっつきょうザール)をオープン。2018年に初の摂津響SaalレーベルとしてCD「白秋」を発売。著名なアーティストを迎えて数々のリサイタルを開催している。2020年ライオンズクラブ高槻基金顕彰受賞。京都フランス歌曲協会会員。一般社団法人まほろば芸術ラボ副理事長。