2021 10/01 (金) 18:30
藤川有樹ピアノリサイタル

藤川有樹ピアノリサイタル
Aruki Fujikawa Piano Recital

2021 10/01 (金) 18:30開演 (18:00開場)

◆プログラム

J.S.バッハ: 半音階的幻想曲

S.リャプノフピアノ六重奏曲より第3楽章ノクターン
(ピアノソロ編曲:藤川有樹)

ショスタコーヴィチ: プレリュードとフーガ
ほか

◆チケット 2500円

藤川有樹 プロフィール
1992年広島生まれ。3歳よりピアノを始める。
2014年松方ホール音楽賞、奨励賞(音楽賞なし)を受賞。
2020年、ポルトガルにてCoimbra world Piano Duo Competition第1位を受賞。副賞として指揮者Jan Wierzba オーケストラ「Clássica do Centro in Coimbra」とバッハの二台ピアノの為のピアノ協奏曲BWV1060を吉田昂城と共演。このコンサートの演奏は、ポルトガルの国営放送により放送された。
コンクール後、吉田昂城とピアノデュオを結成し演奏活動を始める。
これまでにピアノを宇賀治和子、芹澤佳司、有森博の各氏、京都市立芸術大学にて上野真、三舩優子の各氏、ウィーン国立音楽大学にてStefan Arnold氏に師事、また作曲を岡田正昭氏に師事。またこれまでウィーン国立音楽大学200周年記念のコンサートにおける演奏により同音楽院に試験免除で入学、またベートーヴェンの演奏により2018年のウィーン・ベートーヴェン協会奨学生に選ばれた。
そのほか、国内外のマスタークラスなどにおいてPascal Rogé, Pascal Devoyon, Andrei Pisarev, Aquiles Delle Vigne各氏などの薫陶を受けている。
これまでにウィーンコンチェルトハウス、ベートーヴェン・ハウス、クリムト・ハウス、ミュンヘン・スタインウェイハウス改装記念式典など、ヨーロッパ各地で演奏活動を行うほか、2018年よりミュンヘン国際音楽アカデミーにおいてKirill Troussov, Ludens Turku各氏によるヴァイオリン部門と、Wen-Sinn Yang氏によるチェロ部門のマスタークラスの公式ピアノ伴奏者としても活動している。 また様々な編成での編曲をてがけており、徳島県後援・鳴門市主催の屋外イベント用に編曲作品を提供するなど、編曲者としても活動している。

ご予約はこちらから。ご精算は当日会場受付にてお願い致します。
または Tel:080-3031-4311(山口) Fax:072-668-6678 までお問い合わせ下さい。
お名前必須
ふりがな必須
ご予約人数必須 名様
お電話番号必須
ご住所必須
メールアドレス必須
イベント情報メール配信  希望する 希望しない
備考欄