2020 10/03 (土) 15:00
OBSESSION 三舩優子piano×drums堀越彰

OBSESSION
三舩優子piano×drums堀越彰
2020/10/3(土) 15:00開演(14:30開場)

<曲目>ドビュッシー:月の光 シューベルト:魔王 グァスタヴィーノ:サンタフェの少女たち シベリウス:フィンランディア他

ソーシャルディスタンス ステーシ限定30席
要予約\4,000
問合せ ☎080-3031-4311  

◆三舩優子 piano                     
幼少時代をアメリカ・ニューヨークで過ごす。ジェローム・ローエンタール、井口秋子、奥村洋子、安川加寿子に師事。桐朋学園大学在学中、第57回日本音楽コンクール第1位。同大学首席卒業後、文化庁派遣研修員としてジュリアード音楽院に留学、マーティン・キャニンに師事。91年にロス・アンジェルスにおいてアメリカデビューを果たし、LATimesにて絶賛、クラシックラジオ局WQXRにて全米放送、高評を得る。同年フリーナ・アワーバック国際ピアノコンクール、ジュリアードソリストオーディションで優勝。帰国後は、リサイタルはもとより国内外の主要オーケストラとも共演を重ねる。海外公演も多数。これまでにCDも多くリリース、いずれもレコード藝術特選盤となる。ラジオパーソナリティー、NHK-BS2「週刊ブックレビュー」の司会を各6年間に亘り務めるなど、メディアなど多方面で活躍。マスタークラスやアウトリーチの教育活動にも力を入れる。古典から現代音楽に至る幅広いレパートリーにも定評があり、華のあるダイナミックな演奏で聴衆を魅了しつづける、日本を代表するピアニストのひとりである。
京都市立芸術大学非常勤講師。 HP:yukomifune.com

◆堀越 彰 drums & percussion              
海老沢一博氏、村上“ポンタ”秀一氏に師事。’90年「山下洋輔ニュートリオ」でデビュー。国内を始め、ヨーロッパツアー、南米ツアー、ベルギーの野外コンサート、日本全国縦断88ヶ所サバイバルツアー等に参加 。`94年新たに「山下洋輔デュオプラス」として活動を開始し、10年に及びレギュラーユニットとして活動。日舞家の父の影響から、ジャズのみならず邦楽、民俗音楽とのセッションなど、幅広いジャンルにおいて国内外で活動。伊藤多喜雄、チェンミン等とも共演し、イベント構成・演出も手がけ、楽曲提供も行なう。「The WILL」「東方異聞」「SOLO-ist 」などを主催した後、’12年尺八奏者小濱明人と「LOTUS POSITION」結成。’15年、山下洋輔も加わり、国際交流基金主催でチェコ・スロヴァキア四都市ツアーを成功させ、アルバム「LOTUS POSITION with山下洋輔」リリース。デヴィッド・ルヴォー演出舞台「ETERNAL CHIKAMATSU」「黒蜥蜴」「道」に音楽メンバーとして連続参加。シルク・ド・ソレイユで活躍したパフォーマー、フィリップ・エマールらと組む「INSTINCT」でも活動中。都内に2カ所のドラムスクールのほか、日本工学院でもクラスをもつ。 楽器提供:Canopus HP: akirahorikoshi.com