2019 04/14 (日) 13:00、16:00
實川風ピアノリサイタル「ドイツの森へ」【13時公演S席完売】



2019 04/14 (日)
開演13:00 開場12:30
開演16:00 開場15:30
二回公演同一プログラム

Program
シューベルト:即興曲 変ト長調 作品90-3
シューマン:森の情景 作品82
1、森の入り口
2、待ち伏せる狩人
3、寂しい花
4、不気味な場所
5、気持ちのよい風景
6、宿屋
7、予言の鳥
8、狩の歌
9、別れ
クララ・シューマン:ラルゲット へ長調 作品15-1
ブラームス:ピアノとクラリネットのためのソナタ第2番 変ホ長調 作品120-2

S席(1~2列目)4500円【13時公演完売御礼】
A席(自由席)4000円

緑に囲まれた摂津響Saalで演奏をしていると、いつも自然のエネルギーに包み込まれます。窓から射し込む日の光や、時おり聴こえる鳥の鳴き声・・・ 「自然」をテーマにした音楽を集めてここで演奏したいと思いました。
シューマンの「森の情景」は最初に思い浮かんだ曲で、森の木々が目の前に見えてくるような温かい作品。家を持たずさすらいの旅を続けたシューベルト、シューマンの理想の妻であったクララ・シューマン。最後は、ブラームス最晩年の作品「ピアノとクラリネットのためのソナタ」をお届けします。爽やかな5月の風と光を想起させる澄み切った音楽にもかかわらず、その中に孤独感と一抹の寂しさが滲む傑作です。日々の喧騒を忘れさせるような、ちょっと神秘的な「森の世界」に皆さまをお連れいたします。實川 風

ご予約はこちらから。ご精算は当日会場受付にてお願い致します。
または Tel:080-3031-4311(山口) Fax:072-668-6678 までお問い合わせ下さい。
お名前必須
ふりがな必須
ご予約人数必須 名様
お電話番号必須
ご住所
メールアドレス必須
ご予約公演の選択必須*両公演の場合は恐れ入りますが二回ご予約をお願い致します  13:00A席
 16:00A席 16:00S席
備考欄

實川 風 (じつかわ かおる) ピアノ
2016年、カラーリオ国際ピアノコンクール(カラーリオ・イタリア)にて第1位受賞。2015年、ロン・ティボー・クレスパン国際コンクール(パリ・フランス)にて、1位なしの第3位、最優秀リサイタル賞、最優秀新曲演奏賞を受賞。その他、2008年名古屋国際音楽コンクール第1位、2013年サザンハイランド国際ピアノコンクール第2位(オーストラリア・キャンベラ)、2015年第3回日本ショパンコンクール第一位など、国内外のコンクールで優勝・入賞を果たす。海外の音楽祭への招待には、上海音楽祭、ソウル国際音楽祭、ノアン・ショパンナイト(フランス)・アルソノーレ(オーストリア)がある。
これまでに、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、千葉交響楽団などのオーケストラと共演。東京藝術大学附属高校・東京藝術大学を首席で卒業。同大学大学院(修士課程)修了。
山田千代子・御木本澄子、多 美智子、江口玲の各氏に師事。2017秋よりグラーツ国立音楽大学ポストグラデュエイト課程に在籍し、マルクス・シルマー氏に師事。
Twitter:  https://twitter.com/sleeping_now_28
HP: http://kaoru-jitsukawa.net/

森 健太郎 クラリネット
仏リール音楽院にてクラリネットを国立リール管弦楽団首席のクロード・フォーコンプレ氏に、室内楽をクリストフ・シモネ氏に学ぶ。パリ・レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位。 フランス時代、夜な夜な部屋にまで聞こえてくる街角のアコーディオンに魅了され近年ではアコーディオン奏者としても多くの音楽ユニットに所属している。作編曲も手がけ2015年、女優・紺野美沙子氏の朗読の付随音楽として作曲された組曲 「おいの池物語」は好評を博し、自らクラリネット奏者として参加するなど、幅広く活動している。
Web : www.morikentaro.com