2019 03/31 (日) 14:00
音楽×哲学 コラボレーションの試みⅡ 『ピアノを弾く哲学者』


~ F.ヌーデルマン 著 『ピアノを弾く哲学者 サルトル、ニーチェ、バルト』を解読する ~

◆ PROGRAM ◆
第1部 レクチャー『ピアノを弾く哲学者』・著者と解説

【解説】 今本 秀爾 (哲学者)

第2部 ピアノ演奏 哲学者が愛したピアノ曲

ショパン「ノクターン第6番」「幻想即興曲」他
シューマン「クライスレリアーナ」第3曲 他

【演奏】 椿 佳美 (ピアニスト)

第3部 対談  『ピアノを弾く哲学者』
~ 登場人物とその音楽解釈をめぐって ~

※各部30分程度を予定

◆演奏者・対談ゲスト◆

椿 佳美 (つばき よしみ) ピアニスト
大津市出身。東京芸術大学音楽学部附属音楽高校を経て、同学部器楽科ピアノ専攻卒業後、ワルシャワ・ショパン音楽院に留学。91 年チッタ・ディ・トラーニ国際ピアノコンクール(イタリア)第4 位入賞。96 年パリ・エコール・ノルマル音楽院に入学。97 年ミウオシュ・マギン国際ピアノコンクール(パリ)第3 位入賞。97 年大津市文化奨励賞受賞。国内外のオーケストラとの共演やリサイタルに幅広く活動している。相愛大学音楽学部講師。