fukujuya
摂津響Saal presents
ノスタルジック・アコーディオン・フライデー
木のアコーディオンから紡がれる暖かい音色――
築117年の町家で、懐かしい旋律に癒される穏やかな夜を。

2018 5/18(金) start19:00 open18:30
入場料 ¥1,000(要予約)

福寿舎
〒569-0071 大阪府高槻市城北町1丁目9-6
阪急高槻市駅より徒歩5分
最寄りコインパーキング P.ZONE 高槻セントラルパーキング(大阪府高槻市高槻町17)

アクセス

おぼろ月夜 / 岡野貞一
小さな喫茶店 / F.レイモンド
Je te veux(あなたが欲しい) / E.サティ
セカンドワルツ / D.ショスタコーヴィチ
人生のメリーゴーランド / 久石譲 ほか
※終演後、ボタンアコーディオンの体験コーナーあり

森 健太郎 / アコーディオン・クラリネット
フランス・リール音楽院にてクラリネットを国立リール管弦楽団首席クロード・フォーコンプレ氏に、室内楽をクリストフ・シモネ氏に学ぶ。パリ・レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位。
フランス時代、夜な夜な部屋にまで聞こえてくる街角のアコーディオンに魅了され近年ではアコーディオン奏者としても活動している。
アコーディオン・クラリネットとグランドハープによるDUO、La fête au coteau(ら・フエとコト)他多様なユニットに所属。また高槻市新鋭の音楽サロン「摂津響ザール」併設カフェのBGMをアコーディオンで担当している。2017年には詩人谷川俊太郎氏を父に持つ谷川賢作氏と続木力氏のユニット「パリャーソ」、高槻出身の世界的ヴァイオリン奏者田中晶子氏とも共演している。
作編曲も手がけ2015年、女優・紺野美沙子氏の朗読の付随音楽として作曲された組曲 「おいの池物語」は好評を博し、自らクラリネット奏者として参加するなど、幅広く活動している。
Web:www.morikentaro.com