fukuma1「三大楽聖のキセキ」Vol.2 ~幻想~
モーツァルト/幻想曲ニ短調Kv.397、幻想曲ハ短調Kv.475
ベートーヴェン/幻想曲Op.77、幻想風ソナタ「月光」Op.27-2
シューベルト/グラーツ幻想曲D.605a、さすらい人幻想曲 D.760
最前列指定席 ¥5,000
2列目以降自由席 ¥4,000
10/22(土)15:00開演 14:30開場

福間洸太朗 Kotaro Fukuma

パリ国立高等音楽院、ベルリン芸術大学、コモ湖国際ピアノアカデミーにて学ぶ。20歳でクリーヴランド国際コンクール優勝(日本人初)およびショパン賞受賞。

これまでにカーネギーホール、リンカーンセンター、ウィグモアホール、ベルリン・コンツェルトハウス、サルガヴォーでリサイタル他、クリーヴランド管、モスクワ・フィル、イスラエル・フィル、フィンランド放送響、ドレスデン・フィルなど、海外の著名オーケストラとの共演も多数。またフランスのラ・ロック・ダンテロン、リール・ピアノ音楽祭、トゥールーズ・ピアノ・オ・ジャコバン音楽祭、パリ・ショパン音楽祭などにも招待される。日本ではピアニスト100、トッパン・ピアニスツ、ピアノ・エトワールなどのシリーズに出演する他、オーケストラとの共演も多数。

昨年は「モーツァルト&シューマン:ピアノ協奏曲」と「モルダウ~水に寄せて歌う」(DENON)の2枚のCDを同時リリースするなど、これまでに10枚のCDをリリースしている。

2016年には、NHK交響楽団とラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」で共演し、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでは全4都市でのソロ・リサイタル。ファンタジー・オン・アイスでも全4都市に出演しステファン・ランビエルなどの一流スケーターとコラボレーションや、パリにてパリ・オペラ座バレエ団のエトワール、マチュー・ガニオとも共演。そして7月にはネルソン・フレイレの代役として急遽、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団定期演奏会において、トゥガン・ソヒエフの指揮でブラームスのピアノ協奏曲第2番を演奏し喝采を浴びた。

テレビ朝日系「徹子の部屋」やNHK FMなどにも出演。第34回日本ショパン協会賞受賞。現在ベルリン在住。

オフィシャル・サイト:http://www.kotarofukuma.com