井上知香2018OL

ロサンゼルスを拠点とする高槻市出身のサクソフォン奏者井上知香、帰国公演

2018 1/7 (日)
開演14:00/開場13:30
¥2,000(高校生以下¥1,000・要予約)

Program
ビゼー「カルメン」による華麗なる幻想曲 / F.ボルヌ
ヴェルディ「椿姫」による演奏会用幻想曲 / D.ロヴレーリョ
歌劇「こうもり」序曲 / J.シュトラウス2世
演奏会用小品 第1番 / F.メンデルスゾーン
食卓の音楽 第1集よりトリオ・ソナタ変ホ長調 / G.テレマン
カプリッチョ / J.ヘインズ

サクソフォン井上知香
クラリネット森健太郎
ピアノ 山口 美樹子

サクソフォン 井上 知香 Chika Inoue
大阪・高槻市生まれ。ヨーロッパとアメリカに幼少期より在住。サンディエゴの高校時代にサクソフォンを手にし、マーチングバンド、吹奏楽、ジャズに親しむ。アメリカの名門大学カリフォルニア大学ロサンゼルス校、ハーブ・アルパート音楽学校、カリフォルニア州立大学フレズノ校大学院を経て、南カリフォルニア大学、ソーントン音楽学校博士課程を修了。アジア、ヨーロッパ、アメリカで幅広く活動し、クラシック音楽界では
偉大な可能性を秘めるサクソフォン音楽の普及に力を注いでいる。
日本国際芸術連盟より奨励賞と審査員特別賞を受賞、La Jolla Symphony and Chorus Young Artists Competitionなど数多くのコンクールに於いて優勝を果たし、アメリカを中心にソリストとして数々の
オーケストラや楽団と共演を果たす。またビバリーヒルズ・コンサートシリーズの演奏家の一人に選出され、アメリカ各所でリサイタルを行い好評を博す。
現在はロサンゼルスを拠点とし、クラシカル・サクソフォンを中心にジャズ、ロック、民族音楽のジャンルやスタジオミュージシャンとして幅広く活動中。カリフォルニア州立大学にて音楽科と人文学科の講師の傍ら、
ロサンゼルスシティーカレッジで後進の指導を行っている。セルマー・サクソフォンアーティスト。

クラリネット 森 健太郎 Kentaro Mori
フランス・リール音楽院にてクラリネットを国立リール管弦楽団首席のクロード・フォーコンプレ氏に、室内楽をクリストフ・シモネ氏に学ぶ。パリ・レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位。パリ日本文化
協会主催「日本の音楽の若き才能コンサート」に出演。
フランス時代、夜な夜な部屋にまで聞こえてくる街角のアコーディオンに魅了され近年ではアコーディオン奏者としても活動している。アコーディオン・クラリネットとグランドハープによるDUO“La fête au coteau”
(ら・フエとコト)を主催する他、多くの音楽ユニットに所属している。
2017年には詩人・谷川俊太郎氏を父に持つ谷川賢作氏と続木力氏のユニット「パリャーソ」や、高槻出身の世界的ヴァイオリン奏者・田中晶子氏とも共演している。
作編曲も手がけ2015年、女優・紺野美沙子氏の朗読の付随音楽として作曲された組曲「おいの池物語」は好評を博し、自らクラリネット奏者として参加するなど、幅広く活動している。

ピアノ 山口 美樹子 Mikiko Yamaguchi
仙台市出身。ヤマハ音楽教室にて作曲とピアノを学ぶ。全東北ピアノコンクール第1位文部大臣奨励賞受賞。桐朋学園大学演奏学科卒業後、独ミュンヘン市立音楽学校、独国立ヴュルツブルグ音楽大学
マイスターコース卒業。学内オーケストラとのピアノ協奏曲演奏、バイエルン・ラジオ放送局出演、シーボルト協会主催コンサート出演。帰国後は演奏活動、コンサート企画、ピアノ指導を行う。
2011年、ピアノとヴァイオリンによるデュオのCD「ザ・オデッセイ」をリリース。室内楽アンサンブルで「神戸元町音楽祭」、「おかやま国際音楽祭」、「ムジークフェストなら」などの各音楽祭への出演や、
ルーマニア国内ツアーを行う。また多数の施設より依頼を受けて訪問コンサートを展開。
2014年には、高槻市の名勝・摂津峡に音楽芸術サロン「摂津響Saal」をオープンする。ドイツの名器スタインウェイO型1962年製を設置し、国内外から著名なアーティストを招聘している。

ご予約はこちらから。ご精算は当日会場受付にてお願い致します。
または Tel:080-3031-4311(山口) Fax:072-646-8651 までお問い合わせ下さい。
お名前必須
ふりがな必須
ご予約人数必須 名様
お電話番号必須
ご住所必須
メールアドレス必須
イベント情報メール配信  希望する 希望しない
備考欄